日帰りスキーならツアーバスを

日帰りスキーと聞いて、バスツアーをイメージしない人はむしろ少数でしょう。

日帰りスキーをするには、交通手段は限られています。航空機や新幹線は現実的ではありません。

たとえ、現地でレンタルスキーを利用するにしても、駅や空港からの交通手段は必要で、手間がかかります。


スキー場ですから、路線バスはまず望めません。

スキーツアーが最近話題になっています。

結局はタクシー利用となり、費用がかなりかさみます。自家用車で向かうとしたら、運転する人に負担がかかり、日帰りですからかなり体力を消耗します。

エキサイトニュースサイトが一番おすすめです。

慣れない雪道の運転も懸念材料ですし、駐車場の確保も必要です。

日帰りスキーの交通手段は、スキーバス一択となる人も多いでしょう。
スキーバスなら、愛用のスキー板やスキー靴を持って行けます。


往復ともバスの中でゆっくり休息もできます。

バスの集合場所まで行き着けば、あとはドアツードアの感覚でスキー場まで運んでもらえます。帰りも、バスに乗り込んでさえしまえば、すぐ眠ることもできるため、ぎりぎりの時間まで滑っていられます。

スキーバスは価格競争が激しいですが、もっと値段が高くても、需要は続くでしょう。

代替手段がないからです。



利用者は、値段よりむしろ安全性を求めている面もあります。

バスのドライバーが複数であったり、健康管理がきちんとアピールされていたりする方が、低料金よりも好まれそうです。
スキーバス以外に交通手段がないと感じているスキーヤーは多く、関心事は安全性の方だと見受けられます。